English
トップへ ご挨拶 研究概要 ラボの活動 研究実績 大学院生募集 アクセス リンク

  研究概要 研究概要
  がん幹細胞の話 がん幹細胞の話
  乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法 乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法
  肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム 肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム
  肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性 肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性
  がんと代謝 がんと代謝
  受容体型チロシンキナーゼとがん 受容体型チロシンキナーゼとがん

がんと代謝

 葉酸代謝経路は核酸合成経路に炭素原子(図、赤いC)を渡すことでがん細胞の増殖に寄与することから、がん治療のターゲットとして古くから注目されてきました。近年、がん細胞にとってセリンやグリシンが重要なアミノ酸であることがわかってきています。セリンとグリシンの交換反応は葉酸代謝経路で行われていることから、がん細胞における葉酸代謝経路の役割は核酸合成の増強にとどまらないと考えられます。葉酸代謝は細胞質とミトコンドリアの両方で行われていますが、がん細胞では特にミトコンドリア内の反応が重要であることが示唆されています。現在、我々はミトコンドリア内の葉酸代謝酵素がどのようなメカニズムでがん細胞の増殖やその他の特性を増強、維持しているかについて研究を行っています。

  研究概要 研究概要
  がん幹細胞の話 がん幹細胞の話
  乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法 乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法
  肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム 肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム
  肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性 肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性
  がんと代謝 がんと代謝
  受容体型チロシンキナーゼとがん 受容体型チロシンキナーゼとがん


金沢大学がん進展研究所金沢大学ホームページ東京大学 医科学研究所ホームページ

分子病態研究分野  

〒920-1192 金沢市角間町  
TEL: 076-264-6731