English
トップへ ご挨拶 研究概要 ラボの活動 研究実績 大学院生募集 アクセス リンク

  研究概要 研究概要
  がん幹細胞の話 がん幹細胞の話
  乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法 乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法
  肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム 肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム
  肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性 肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性
  がんと代謝 がんと代謝
  受容体型チロシンキナーゼとがん 受容体型チロシンキナーゼとがん

肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム

 イレッサ(ゲフィチニブ)はEGFRに変異をもつ肺腺癌の患者に対して奏功率が非常に高い分子標的抗がん剤である。しかし、数年以内に再発してしまうことが深刻な問題となっている。
 我々はイレッサ耐性のメカニズムを解明するために、肺腺癌由来PC9細胞からイレッサ耐性株PC9M2樹立した。このPC9M2細胞を解析した結果、βカテニンシグナルが亢進していることが分かり、βカテニンの活性阻害によってPC9M2株にイレッサ感受性が回復することを証明した。さらに肺腺癌患者の組織においても、βカテニンの活性が高い患者ではイレッサの感受性が低いことが明らかになり、βカテニンの活性がイレッサの感受性や獲得耐性に関与する可能性が示唆された。
  研究概要 研究概要
  がん幹細胞の話 がん幹細胞の話
  乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法 乳がん臨床検体を用いたがん幹細胞の現状と解析手法
  肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム 肺がんの分子標的抗がん剤に対する耐性獲得のメカニズム
  肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性 肺がんのドライバー融合遺伝子とがん幹細胞性
  がんと代謝 がんと代謝
  受容体型チロシンキナーゼとがん 受容体型チロシンキナーゼとがん


金沢大学がん進展研究所金沢大学ホームページ東京大学 医科学研究所ホームページ

分子病態研究分野  

〒920-1192 金沢市角間町  
TEL: 076-264-6731